ゲーム制作Q&A(基礎編)
タクティクスチャレンジv2でゲーム制作で始める際の疑問点にお答えします!
Q.前作を使ったことがないのですがv2だけでもゲームを作れますか?
A. はい、タクティクスチャレンジv2ワールドエディターだけでオリジナルゲームを制作できます。ただし自作グラフィックなどを使用してゲームを制作する場合はグラフィックツールなどをご自分で用意する必要があります。
Q.サンプルのキャラクター画像はどれくらい収録されていますか?
A. 歩行キャラクター画像はシステム標準ファイルとして100体が登録されています。100体の内訳は戦士や賢者など「クラス」が34体、ウィングドラゴンやゴーストなど「モンスター」が22体、オークやミノタウロスなど「獣人」が16体、エルフや王様など「民衆」が28体となっています。
試用モードでも収録されているメディアファイル(システム標準ファイル)を閲覧できます。さまざまなかたちで追加キャラクター提供を予定していきますので、ほしいキャラクターがあればリクエストのおたよりをお送りください!
Q.タクティカルRPGツクールの画像を利用できそうですが、利用してもかまわないでしょうか?
A. タクティカルRPGツクール収録の画像素材は弊社スタッフが著作権を保有している、あるいは著作権を管理する状態にあります。このためタクティクスチャレンジv2で利用し、作品に含めて再配布を行なっても問題ありません。
 ただしそのまま読み込める画像は歩行キャラクターのみで、バトルフィールド用のマップパーツ等は画像の並べ替え作業が必要になります。
Q.他のゲーム制作ツールの素材は利用できますか?
A. ファイル形式や画像サイズ等をタクティクスチャレンジv2の仕様に合わせれば利用できることがあります。ただし作品に含めて配布・販売可能か否かは各素材の提供者が定める規約によって異なります。
Q.ワールドエディター説明書にはゲームをプレイした際の動作についての説明や情報が不足しているように思えます。これから追加されるのでしょうか?
A. ゲームプレイ時の動作や情報は、ゲームシステム説明書に記載しています。ゲームのプレイヤー(ゲーム制作をしない方)はワールドエディター説明書を読みませんので、ゲームプレイに関する情報はゲームシステム説明書に記載しておく必要があるためです。
 一方、ゲームを遊ぶ際に必要とは限らない詳細な仕様など、ゲーム制作者向けの情報はワールドエディター説明書に記載していく方針としています。どちらの説明書も情報の不備に対する補足を継続的に行なっていますので、問題点等にお気づきになられた際はご指摘ください。
ご要望やご相談につきまして
 お客様から頂戴する様々なおたよりのうち「その時点で実装されていない機能が実は存在していないのか」「あるいは今後実装されるのか」「またはお客様が思い描く様々な演出を表現することが可能か否かをご相談いただく内容のもの」等は、おたよりがご質問の形式であっても機能拡張要望や機能の平易化要望、または詳しい解説の必要性のご指摘としてのお取り扱いさせていただいております。そのため当Q&Aコーナーには直接的な回答を掲載しない場合があります。ご要望が多く実現の必要性が高いものにつきましては機能拡張や別途記事掲載などのかたちをもって対応いたしてまいりますのでご了承ください。